診療曜日

 
午前
午後

< 診察時間 >

午前 10:00~11:50
午後 14:00~18:40
土曜日の診察は午後5時まで

イボ

wart

◆感染性のイボ
尋常性疣贅
ヒト乳頭腫ウイルスの感染症で、特に子供の手や足に多くみられます。
プールやスポーツジムの足ふきマットなどを介して、皮膚の小さな傷から
侵入すると考えられます。不用意にいじると感染の拡大につながるので注意が必要です。
また他人への感染は、日常生活で他人にうつす可能性は低いです。
治療は液体窒素による冷凍凝固を行います。1~2週間に1度繰り返し治療していきます。

◆伝染性イボ
伝染性軟属腫(水イボ)
小学校低学年くらいまでの小さいお子さんに最も多くみられます。
伝染性軟属腫ウイルスは経皮感染するので、プールやお風呂などで感染する機会があります。
自然治癒することもありますが、数が増えたり、他人にうつしたりする可能性がありますので、
早めに治療しましょう。治療はあらかじめ麻酔テープをして、摘出します。

◆老人性イボ
脂漏性角化症、老人性疣贅
皮膚の表皮にある一部の細胞が増えてできる良性のできもので、手の平足の裏以外の全身に、
通常は淡褐色ないし黒褐色の盛り上がったできものです。
一般的には、顔や頭部にできやすいです。
年をとるにつれてだんだん数、大きさともに増していきます。
治療は液体窒素による冷凍凝固(保険)、炭酸ガスレーザー(保険適応外)を行います。

◆首のイボ
アクロコルドン・スキンタッグ
首やわきの下、胸に多くできてくるイボはウイルス感染とは関係ないもので、アクロコルドンや
スキンタッグと呼ばれます。
中高年以降に目立ってきますが、20歳代から徐々にでき始めます。
治療法として液体窒素による冷凍凝固と炭酸ガスレーザーによる蒸散があります。
液体窒素による冷凍凝固は、保険適応治療であることがメリットですが、治療後に炎症後の
色素沈着を起こすことがあり、しばらくの間薄いシミが残ることがあります。
炭酸ガスレーザーによる蒸散は、保険適応ではありませんが短時間に一度で治療することが
可能であることと、色素沈着を起こしにくいのがメリットになります。
当クリニックでは両方の治療を選択できます。

・クリニックの診療時間: 10:00〜18:40
・クリニックの住所: 東京都港区高輪2-16-49 MAPはこちら
・クリニックの最寄駅: 泉岳寺駅 徒歩3分(都営地下鉄浅草線)

診療曜日

 
午前
午後

< 診察時間 >

午前 10:00~11:50
午後 14:00~18:40
土曜日の診察は午後5時まで

インスタグラム

インスタグラム
tel

©TAKANAWA Dermatology& Plastic Surgery